礼金有りの物件は優良物件が多いってホント

賃貸物件を借りる際に短期間しか住まないのであればあまり気にする必要がありませんが、長く住む場合には要注意な事項があります。募集時に礼金の有無は大家の安定性を間接的に図ることができるので、気にしておくと良いです。礼金を取れる物件は、金融機関の借入が無い建物となるので差押を受ける可能性がほとんどありません。空室が増えてもあまり気にする必要が無いわけです。交渉により礼金をゼロとすることは可能ですから、礼金を必ず払うものではありませんが、登記簿謄本を確認しない人も多いので礼金の有無は物件選びのヒントになります。

サブリース物件には特に注意

サブリース物件は大家から不動産屋が一括借り上げしているので、不動産屋からの又貸し物件と言えます。礼金が設定されている場合には大家には一切入らず不動産屋の儲けとなるので勘違いをしないようにしたいものです。サブリースでは仲介契約ではなく不動産会社との間で行われる賃貸借契約となるので、不動産会社は仲介手数料を取れません。代わりに礼金を上乗せしているわけです。サブリース物件はメンテナンスが行き届いているので綺麗ですが、トラブルも多いので入るには覚悟を持てる人に向いています。

不動産屋は数を回ったら損なのか

賃貸物件を探す際には、中途半端な探し方は最も損をしてしまいます。不動産屋を足で回って物件選びをとことん追求するか、物件探しをエージェントに任せてしまうと良いです。物件探し専門のエージェントを通すと仲介手数料や礼金を免除出来ないか交渉をしてもらえるのですが、探す地域の不動産屋を回ってエントリーシートを記入していると交渉の対象外となります。エージェントに対して紹介料を支払う対象とならないからです。エージェントに頼む予定がある場合は、最初に依頼すると良いでしょう。

札幌の賃貸マンションの契約の時期にこだわりがあれば、各地の有力な不動産会社と念入りに相談をすることが大事です。