礼金とはどのようなものか

賃貸住宅を借りる時には、礼金を支払うことが多くなっています。京都などの一部の地域では礼金という物が存在しないのですが、そういった例外的な地域を除けばほぼ礼金は存在すると言ってもいいでしょう。礼金の目安はおよそ家賃の1ヶ月分になります。中には1.5ヶ月分の所もありますが、2ヶ月分や3ヶ月分の礼金を取る所は非常に少ないです。礼金の役割は、大家さんに対して物件を貸してくれることに対するお礼という意味合いが強いのですが、最近はその意味合いが変わってきています。

礼金は不動産会社に渡すのが常識に

礼金は大家さんに物件を貸してくれることに対する謝礼として渡すものという考え方はすでに古い物になっています。最近の傾向としては、大家さんには渡さずに、不動産会社が礼金をもらっている傾向が増えているのです。この傾向になり始めたのは、どういった背景があるのでしょうか。例えば、大家さんと付き合いのある不動産会社に物件の借主を探すように求めても、別の不動産会社が借主を探してくることがあるのですね。この場合には、礼金は折半になります。ですが、これでは不動産会社も納得できないでしょう。

広告費としての礼金へ

そこで、不動産会社は「礼金を広告費としてもらえるのなら、積極的に借主を探しますよ」ということを大家さんに伝えてます。大家さんとしても、できるだけ早く借主を見つけてもらえれば空室期間が減り、家賃収入が安定しますので、礼金を不動産会社に渡して、少しでも早く入居者を見つけてもらうことにする訳です。このような流れになっていますので、双方が納得した上で、ほとんどの賃貸物件では礼金を不動産会社に渡す物になっているのですね。

賃貸マンションは、一戸建てに暮らすときみたいに面倒な入居手続きやローンの審査などがないので一人暮らしには最適です。