看板の設置を法律遵守で行っているか

不動産会社を訪問すると分かることがあります。賃貸物件情報が店舗の前に掲示されている場合など、歩道上や道路上にはみ出して設置している店舗は問題が多く訪問に値しません。賃貸専門であっても不動産会社は土地に関する法律に詳しい専門家ですから、歩道に看板や広告を設置するには道路使用許可証が必要なことは知っています。許可申請を出しても許可が出ないことも知っており、分かっていて違法看板を設置している法律順守意識が低い不動産屋と契約することは恐ろしくて出来ないでしょう。

希望家賃の予算上限を守った案内が出来るか

賃貸物件を探しに不動産屋を訪れると、エントリーシートを記入するように言われます。希望家賃上限を記入する欄がありますが、記入した家賃を1円でも上回る金額の物件を紹介してきたら残念ながら良い不動産屋ではありません。探す予算を上げても良いか確認せずに勝手に探していることとなります。不動産屋が受け取れる仲介手数料は家賃の1ヶ月分までと決められているので、家賃を1円でも高い物件を紹介すれば不動産屋の収入が増えるから意図的に行っているのです。優良店では必ず断りを入れてから参考資料として見せてくれます。

保証人を立てて借りられる物件があるか

賃貸物件を借りる際に保証人を立てることが一般的でしたが、近年は保証会社を強制的に入れて賃貸を行う傾向が高くなっています。しかし、不動産会社の中には保証人を立てる従来の方式で家を借りることが出来る不動産屋もあります。保証会社との癒着を嫌い、賃借人にメリットが全くない保証会社との契約を必須としない不動産屋は、オーナーとの信頼も厚い傾向にあるので無理な案内はしない傾向が強いです。安心して賃貸物件を探せる不動産屋こそ、保証人のみで借りられる物件を持っているのです。

帯広の賃貸マンションは、仕事の都合で急に転勤が決まったとしてもすぐに転勤場所へ引っ越すことができます。