借り手には何の意味もない

賃貸契約書には、契約期間が記されている場合があります。別に法律で決まっているわけでもないので、契約期間を定めなくても構わないのですが。契約期間内であっても、立ち退きを迫られることなんて日常茶飯事ですよ。しかも正当事由なしで。借り手がそれを拒否するとしたら、その根拠は契約期間内だから、ということではなく、正当事由がないということだから、契約期間には何の意味もありません。まあ、借り手も、契約期間にかかわらず、いつでも引越しできるんですけどね。

契約更新料をとるためだけ

地域によっては、契約更新料を慣習として取る場合があります。契約期間が満了になりそうになると、契約更新料の請求が来て、支払うと、新たに2年間の契約期間が設定されるという仕組みです。でも、契約期間になんの意味もないなら、借り手としては、契約期間など定めずにいたって何の支障もないんですけどね。わざわざ契約期間を設けて、更新という形をとるのは、ただ単に契約更新料をとるためだけみたいです。契約期間内に家賃が上がることはまずない、というのも、今や家賃値下がりの時代ですから、何のメリットにもなりません。

大事なのは解約予告期間

賃貸契約で大事なのは、解約予告期間です。引越しすることになったら、解約予告期間にかかる前に家主に通知すれば、住んでいた分の家賃を支払うことで引越しできます。これは法律で必ず定めておかなくてはならないことになっている期間で、上限は3か月です。3か月分の家賃さえ支払えば、契約期間内であっても借り手はいつでも引っ越せる。家主は、契約更新料を受け取って契約更新した直後でも借り手に立ち退きを迫ったりする。だったら契約期間を設ける必要なんてないんじゃないでしょうか。

帯広の賃貸マンションは、ゆとりのある間取りや充実した設備に加え、魅力的な周辺環境にも定評があり、ファミリーで快適に暮らせます。