最初に勧められる物件は不動産屋に都合が良い物件

複数の駅に店舗を持つ大手不動産会社で賃貸物件を探す場合、希望家賃上限を記入すると最初に出される紹介物件は選択肢から外すと良いです。なぜなら、不動産会社に多くの広告料が支払われる物件が紹介されるので、大家が何としても入居者を入れたくて成功報酬を積み増ししているから紹介していることになります。入居希望者の都合ではなく不動産会社側の利益を出すために、事故や入居者間トラブルが多い物件が含まれてる危険性が高く空室が埋まらない物件という可能性を否定出来ません。

粘って出てくる物件から選ぶ

最初に出された物件の中に希望賃料上限を超える金額の物件があったら、希望家賃を再度伝えることが大切です。その時の反応次第で、不動産会社側の方針として仲介手数料稼ぎのために高い物件を勧めているのか、単に希望家賃上限の意味が分かっていないだけかが確認出来ます。粘って出てくる物件が本当に選べるマトモな物件となるので、真面目に話を効くようになるタイミングは後になることを覚えておくと良いです。最初から意識を集中することはあまり意味がないのです。

希望に合う物件は一度持ち帰る

最終的に気になった物件は一度持ち帰ることをオススメします。なぜなら、場所をある程度特定出来た段階で外観を一度見に行くことが望ましいからです。不動産会社には他の不動産会社が扱う物件を紹介する客付け会社と、自社物件を紹介する元付会社があります。元付会社がどこの不動産会社かということは非常に重要です。元付会社が評判が悪い不動産会社だった場合には、潔く候補から外すことをオススメします。不動産会社の利用方法として自社管理物件以外を紹介する不動産会社は申込を行ったわけではないので、内見をしていなければ義理を感じる必要はありません。

札幌市東区の賃貸マンションは、テレビモニター付きのインターホンが防犯セキュリティとして取り付けられているので子供を留守番させないといけないときでも安心です。