毎年贈与をしておくことは

相続税対策として、毎年、贈与税がかからない金額まで譲り渡しておくとよいでしょう。これがとてもよいことであり、非課税でどんどんやることができるようになります。例えば10年もやれば1000万円以上も非課税で相続させたことと同じになります。これは子供の数だけやることができるようになります。孫もよいでしょうから、とにかく渡す相手がいればそうしてみるとよいでしょう。相続税の対策というのは意外とよく出来るようになっています。

マンション経営をよく実行しておくこと

相続税対策としてやれることとして、マンション経営があります。マンションを家作として譲り渡すことが実はかなり相続税対策になります。これは評価額がかなり低く出来るからです。そして、そこから利益も引き出すことができるのであれば更によいでしょう。現金をそのまま相続するとなりますとダイレクトに税金がかかることになります。しかし、マンションであればそれの資産価値を評価してから、となりますから非常にお得なのです。

保険による相続をすることも

保険に加入しておいて相続させる、という手もありまます。非課税分として法定相続人の数に500万円をかけた金額は非課税になるからです。そうしたやり方もありますからよく覚えておくとよいでしょう。保険料をかけていくことになりますが、それでも非課税分がある、というのはとても大きなメリットであるといえるでしょう。生命保険をかけておく、というのはある意味で常道の一つであるといえますから、よく理解しておきましょう。

相続税対策のコツをつかむには、実績のある税理士にサポートを依頼することで、短期間のうちに安心して対応できます。